入れ歯についてのよくあるご質問

神谷デンタルオフィスに多く寄せられる、入れ歯に関するご質問にお答えします。

※見出しをクリックすると詳細をご覧いただけます。

入れ歯を入れなくても日常生活に支障はありません。それでも作ったほうがいいですか?
現在特に問題を感じていなくても、他の歯に負担がかかっていたり歯が徐々に移動してしまったりと、将来的に悪影響が出るおそれがあります。これからのお口のことを考えて、入れ歯を作製されることをおすすめします。
入れ歯の金具のバネが目立ってしまい気になります。
金具が目立たないタイプ、金具を一切使わないタイプなど、さまざまな入れ歯がありますのでお気軽にご相談ください。
保険診療の入れ歯と自由診療の入れ歯では何が違いますか?
保険診療の入れ歯は使用できる材料がレジンというプラスチックのみに限られています。安価なのがメリットですが、厚みがありどうしても違和感が出てしまいます。一方、自由診療の入れ歯は保険のものより割高ではあるものの、違和感なく快適に使えるタイプが豊富にあります。
入れ歯のサイズが大きくても小さくても費用がほぼ同じなのはなぜですか?
サイズにこそ差はあれど、作製工程は同じで型取りや作製、調整などの手間に変わりがないからです。金属床の入れ歯であれば金属使用量によって多少の差は出るかもしれませんが、チタンやコバルトクロムであればそもそも金属が安いため材料使用量による入れ歯治療費の差は出にくいのです。
金属床の入れ歯を使っていて金属の味がすることはありますか?
現在主に使用しているゴールド・コバルトクロム・チタンでは、特に味がすることはありません。
入れ歯がすぐに落ちてくるのですが、どうすればいいでしょうか?
顎の形と入れ歯がうまく合っていないか、入れ歯の噛み合わせがずれているかのどちらかだと考えられます。当院では、噛み合わせたときの入れ歯のずれを防ぐための試験(転覆試験)や筋肉の動きなども取り入れる咬座印象などを取り入れ、お口にぴったりフィットする精密な入れ歯作製を行っています。
どうして自由診療の入れ歯をおすすめするのでしょうか?
一番に、患者様のお口に合った入れ歯で快適な生活を送っていただきたいからです。入れ歯は、食事のときの噛み心地はもちろん人と会話するときの話しやすさや見た目などにも大きく影響します。ただ噛めればいいというものではなく、いかに生活を快適にするかを考えたら、材料が選べて高精度なものを作製できる自由診療の入れ歯がおすすめです。
入れ歯を作ってから時間がたちましたが、前よりも合わなくなってきている気がします。
歯ぐきや顎の骨がやせてきていることが原因です。もともと歯が生えていれば噛んだときの刺激が歯ぐき・顎の骨に伝わっていましたが、入れ歯になるとその刺激が伝わらなくなるので、徐々にやせていってしまいます。変化していく顎の形に合わせて調整しますので、「合わないな」と感じたらすぐにご相談ください。
安定剤は使ったほうがいいでしょうか?
安定剤はなるべく使用せず、作製した状態でお口にぴったりフィットすることが理想的です。安定剤は汚れやすく、掃除しても落としにくく、場合によっては口腔内の衛生状態を悪化させてしまうこともあるので、なるべく使用は避けましょう。
入れ歯を何度も出し入れして削っているのは何のためですか?
患者様のお口にぴったりフィットして、自然な噛み合わせで違和感なくお使いいただけるようにするためです。ほんの少し削っては入れて、また削って……と調整には時間と手間がかかってしまいますが、それもすべて患者様に快適にお使いいただくためです。ご理解いただければと思います。

診療予約フォームはこちら