神谷デンタルオフィスの入れ歯治療

神奈川県で入れ歯治療を行う神谷デンタルオフィスでは、患者様一人ひとりのお口にぴったりフィットする入れ歯を作製するため、第一に高精度な仕上がりを追求しています。歯科技工士との連携や詳細な試験などを通して、ズレや痛みが起こらないフィットする入れ歯”をお作りしたいと考えています。

歯科技工士との連携で高精度な入れ歯を作製

当院では、歯科技工士との密な連携によって高精度な入れ歯を作製しています。通常であれば、歯科医師が取った型を技工所に送り、そこで歯科技工士が入れ歯を作製するのが一般的です。しかし当院では、入れ歯の型取りをはじめほぼすべての工程で歯科技工士と連携して入れ歯を作製しています。歯科医師と歯科技工士の二人三脚による高精度な入れ歯をご提供します。

正確な転覆試験の実施

噛んだときに歯全体に均等に力が加わり、硬いものを噛んだときでも入れ歯が転覆(浮き・外れ)しないように細かな調整を行っています。できあがった入れ歯を実際に患者様のお口に入れて、ぴったり合っているかどうか、しっかり噛めるかどうかを丁寧にチェックしていきます。このときに行うのが、「4ツ球転覆試験」と「ゴム噛み転覆試験」です。

4ツ球転覆試験 ゴム噛み転覆試験
入れ歯に4つの小さな球を埋め、口腔内でそれぞれの球を垂直・右・左の三方向から押して安定度を調べる試験。特定の方向から押したときに入れ歯が反対側で浮いてしまうと、試験結果は×。試験結果を受け、より安定させるための最終調整を行う。 入れ歯を口に入れた状態でゴム噛み試験器を片側の顎でカチカチと数回噛み、入れ歯が浮いたり外れたりしたら試験結果は×。この結果を受けて入れ歯の高さなどを調整する。

いろいろな種類の入れ歯をご提案

入れ歯を快適に使えるかどうか、これは患者様の暮らしを大きく左右する問題です。患者様一人ひとりの状態やご要望をお聞きし、数ある入れ歯からもっともふさわしいタイプをご提案します。

神谷デンタルオフィスの入れ歯治療の流

入れ歯は、一度作っておしまいというものではありません。食事をするとき、会話をするとき、片側だけで噛むとき、両側で噛むとき……どんなときでも浮いたり外れたりすることなく、痛みやストレスを感じることなくお使いいただけるよう、型取りと調整を複数回繰り返して精密な入れ歯を作製しています。

カウンセリング

検査

患者様のお口を拝見し、現在の状態を確認します。必要に応じてレントゲン検査などを行います。お困りのことやご要望をお聞かせください。

診断

検査結果をふまえて治療方法をご提案します。患者様とお話ししながら治療方法を決定して治療計画を立てていきます。

事前処置

入れ歯治療に入る前に虫歯や歯周病の治療、必要に応じて歯根の治療や抜歯などを行います。

印象採取
型を取るためのオーダーメイドのトレーを用意してから精密な型取りを行います。入れ歯が口腔内はもちろん顎全体の筋肉の動きとフィットするように、筋肉の動きまで記録します。

咬合採取
噛み合わせの調整は、入れ歯治療においてもっとも重要なポイントです。ぴったり合うか、噛んだときに痛みがともなうか、噛めない入れ歯になるかが決まります。上下顎の位置関係や顎の動き、顔に対してぴったり合う歯の大きさなどの情報を緻密かつ正確に採取していきます。

入れ歯作製
採取したデータをもとに、入れ歯を作製します。咬合器に適切に人工歯を配列していきます。

試験

4ツ球転覆試験/ゴム噛み転覆試験

作製した入れ歯がしっかりフィットするかどうか、噛んだときに浮いたり外れたり(転覆)しないかどうか、お口に入れた状態で多角的にチェックします。

>>正確な転覆試験の実施

咬座印象

作製してある程度調整した段階のロウの入れ歯をトレーとして、お口に入れた状態で噛み合わせの状態を型取りします。これにより、入れ歯を入れたときの実際の食事や会話におけるお口の中の形を再現。唇の張り具合から舌の収まる部分、そして噛み合わせまでを精密に型取りすることで、お口全体のバランスに合う入れ歯へと整えていきます。

仕上げ

咬座印象をもとに、わずかに削るなどしながらきちんと噛めるよう最終的な調整を行います。これで入れ歯が完成します。

調整

入れ歯が完成してからも、歯ぐきや顎の骨がやせるなどのお口の状態の変化に合わせて診断を行い、必要に応じて調整を行います。

診療予約フォームはこちら